A-DHTホルモン理論

A-DHTホルモン理論と毛髪周期を基礎とした薬用プランテルについて

髪が薄くなりだすと、どんどん進行するスピードが早くなるような気がしませんか。

 

 

風が吹いたときに地肌が見えたり、帽子を脱いだときに髪がベタっとなっていたり、汗をかいたときは一段と薄毛が目立ちます。

 

 

また、電車で座っていると立っている乗客の視線が気になることもあります。

 

 

これでは、気にすることそのものもストレスとなってしまうのです。

 

 

抜け毛の形がM字形の場合、その原因が徐々にわかってきています。

 

 

そして、そのM字形の脱毛対策の育毛剤、薬用プランテルが既に市販されているのです。

 

 

少し科学的な話になりますが、M字の脱毛の原因は5α-DHTという物質です。

 

 

この5α-DHTは額に溜まり、毛根を攻撃して弱らせ、毛髪の成長を止めてしまいます。

 

 

このやっかいな5α-DHTはテストステロンとU型5α-リダクターゼという物質が結合して生成されます。

 

 

5α-DHTを生成する一方の物質であるテストステロンを育毛剤の成分が打撃をあたえることで5α-DHTを生成させないようにするという発想から薬用プランテルは開発されました。

 

 

この考えをA-DHTホルモン理論と呼んでいます。

 

毛髪周期を整えてくれます。

この理論だけでも画期的なものですが、薬用プランテルの特徴は毛髪周期にも焦点があてられていて、発毛を導くには正しい毛髪周期に整えることが重要という考えが根底にあります。

 

 

なぜ、毛髪周期が乱れると薄毛になるのでしょうか。

 

 

それは、通常より髪をしっかりとロックしないうちに脱毛時期が始まって髪が抜けるということと、もうひとつは、血流が滞るために毛根に栄養が送られなくなり、髪が薄くなってしまうということです。

 

 

毛髪周期を整えるためには、発毛段階で促進を助ける有効成分センブリエキスと毛成段階で発毛を助ける有効成分セファランチン、さらに脱毛を防ぐ有効成分グリチルリチン酸2Kが、それぞれの段階で力を発揮してこそ実現できるとされています。

 

 

これは、有効毛根成分による黄金比トリプル発毛促進構造と名づけられて、A-DHTホルモン理論と並んで薬用プランテルの基礎をなすものです。

 

 

薬用プランテルは医薬部外品の認定を受け、厳重な安全性検査も通過しています。

 

 

さらに2015年にはモンドセレクションも受賞していますので、製品としての信頼度も高く、実際にユーザーからも高い支持を得ています。

 

 

購入方法にもよりますが、製品の価格はそれほど高額ではなく、定期コースなら1日当たり約139円ほどになります。

 

 

また、宅配のダンボールはあえて無地を使用し育毛剤とわからないようになっています。

 

 

さらに、送り状伝票にも育毛剤と表記していないので、家族や配達スタッフにも知られず安心して購入することができます。

 

>>薬用プランテル【最安値】通販ショップはこちら<<